沿革
HOME > 沿革
関西セミナーハウス 関東活動センター 関西セミナーハウス活動センター 機関誌「はなしあい」 出版物

アカデミーの沿革

1957年11月 アルフレッド・シュミット博士、ドイツアカデミーから派遣され、来日
1960年  2月



5月
6月
第一回理事会開催
東西運営委員会組織
関東:酒枝義旗、石館守三、西村関一、飯坂良明、嘉村祐一
関西:嶋田啓一郎、小宮孝、松村克己、伊藤規矩治、竹中正夫
第一回高校教員ターグング(於 大津)
第―回労働組合指導者ターグング(於 大津)
1961年  5月 財団法人日本クリスチャン・アカデミー設立
理事長 杉山元治郎
1962年  1月
2月
5月
東京事務所設置
関西事務所設置
修学院ハウス土地購入
1963年10月 大磯アカデミーハウス開所式
1964年  6月 石館守三 理事長に就任
1967年10月 関西セミナーハウス開所式
『現代社会における話し合い』(竹中正夫編)発行
1972年  9月 財団設立10周年記念出版『対話の探究』(竹中正夫編)発行
1977年  9月 白老アカデミーハウス開所式
1983年11月 財団二十周年記念出版『はなしあい』(荒井俊次編)発行
1985年  4月 中川秀恭 理事長に就任
1986年  4月
9月
アジアエルダーボランティア養成講座発足
エルダーホステル日本学講座開催
1988年  3月 箱根アカデミーハウス開所式
1990年11月 財団三十周年記念出版『はなしあいの展望』(竹中正夫編)発行
1992年  6月 『生命の意味Ⅰ・Ⅱ』(安平公夫監修、竹中正夫・郷原憲一編)発行
1996年11月
箱根アカデミーハウス閉鎖
竹中正夫 理事長に就任
1997年  3月
白老アカデミーハウス閉鎖
財団本部 関西セミナーハウスへ移転
1999年  3月 関東活動センター開設
2003年  5月 シュペネマン・クラウス 理事長に就任
2004年  4月 本部事務局 関東活動センターへ移転
関西セミナーハウス活動センターの設置
2011年  4月 本部事務局 関西セミナーハウスへ移転
2013年  4月 公益財団法人への移行
小久保 正 代表理事に就任